20万キロ 下取り 車

20万キロを超えた車・・・それでも車は下取りしてもらえるの?

 

20万キロ以上の車に驚く人

 

「20万キロ以上は下取りしてもらえるのかな?」

 

という質問を、友人・知人・職場の同僚など10人くらいに聞いてみてください。

 

1:0円なら引き取ってもらえる
2:値段をつけて下取りしてもらえる

 

おそらく全員が”0円”と回答すると思います。

 

もし、私も聞かれたら同じように答えます。

 

「それじゃ、なんの解決にもならないじゃないの?!」

 

たしかにその通りです。
しかし、”買取店”、しかも海外へ輸出をしているか、解体業者へのパイプが太いお店に査定を依頼すれば、数万円で売れるかもしれません、

 

なぜ? 海外や解体業者?

 

10万キロ=”そろそろ故障する”といったイメージが強いため、日本人は昔から買い替えが早い傾向があります。

 

逆に海外では30万・40万キロ以上は当たり前で、10、20万キロなどはまだまだ序の口のようですね。

 

現にアメリカの男性で90年製のホンダ・アコードを160万キロ以上走らせても、まだ現役バリバリ・・・・

 

つまり、海外(※特にロシア、アフリカ、東南アジア、アフリカなど)ではそれほど需要があるわけです。

 

また、万が一、走行不能な状態になってもバラバラに解体して修理用の部品として取引をする業者もいます。

 

買取店探しは面倒・・・・

ポイントを紹介する人

 

とはいえ、そうした買取専門店を探すのはハッキリいって面倒。

 

そこで、効率よく・たった数分で見積り依頼ができる方法があります。

 

”車の一括見積サービス”というもので、無料で複数の買取店へ見積をまとめて請求できるものです。

 

見積請求をした結果、「値段をつけて買取りますよ!」という業者を限定に絞って出張査定をお願いするだけです。

 

極限まで買取額を上げるための”裏ワザ”

 

とはいえ、今回は20万キロ以上・・と、どの業者も両手を上げて欲しがっているとは言い難いです。

 

おそらく普通に一括査定サイトを利用しても、「0円です」と言われるのがオチです。

 

そこで誰でもできる”ある裏ワザ”を使うことで、確率がグンッ!!とアップします。

 

その方法とは”複数の一括査定サービス”への登録をするという裏ワザです。

 

  1. かんたん車査定ガイド
  2. カーセンサー
  3. 楽天オート

 

実は、一括査定サイトは1つだけでなく、上記の”3つ”になります。

 

それぞれ特徴があり、たとえばかんたん車査定は”大手買取店”、カーセンサーは”老舗買取店”が多く加盟しています。

 

裏技は、この3つのサイトを利用してより競争を激化させて、車の買取額をよりアップさせる! というわけです。

 

 

私が実際に利用をした”3つ”の一括車査定サイトをご紹介

 

3つのサイトへの登録は6分ほどです。

 

たった6分ほどの入力で私は21万キロ以上走ったハイエースを5万円で売ることに成功しました!

 

「どうせ0円だからもうダメでしょ・・・」

 

と思う前にぜひ、試してみてください。

 

あきらめたらそこで試合終了ですよ!

 

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

かんたん車査定ガイド

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計

 

 

http://a-satei.com/

 

 

カーセンサー(※完全無料)

 

カーセンサー

 

≪特徴≫

 

@リクルートが運営する総合自動車情報サイト
A地元密着店に強い【※地元愛が強い方は必ず!】
B事故車も受付OK!

 

 

http://carsensor.net/

 


 

楽天オート(※完全無料)

 

楽天オート

 

≪特徴≫

 

@車売却で楽天3000ポイント付与!
A大手ショッピングモール楽天が運営
B初心者にやさしい

 

 

http://rakuten.co.jp/

 


 

 

コラム:タイミングベルトが切れるタイミングは走行距離10万キロ以上?いつごろ?

 

タイミングベルトが切れるタイミングはいつごろという疑問に対し、一般的に10万キロ以上になったらいつ切れてもおかしくないので交換をしたほうが良いとされています。

 

しかし、これはあくまでも目安でしかありませんから、15万キロ以上交換せずに済んだというケースもあれば、7万キロ程度で切れてしまったという場合もあります。

 

タイミングベルトはゴムでできているので、距離だけでなく経年劣化の影響も大きいので距離はそれほど乗っていなくても、10年程度経過したら交換をした方がいいので距離だけでなく年数も考慮するようにしましょう。

 

 

常日頃からタイミングベルトの状態を確認していて、劣化の兆候が見受けられたら交換をするということができるのであれば、10万キロ以上でも様子を見て交換でも問題ありませんが、
メンテナンスに気を配らない人であれば10万キロが近づいてきたらいつ切れるかはわかりません。

 

切れるタイミングを余裕を持って見るために知っておく分には問題ありませんが、
これぐらいの距離までは大丈夫と思って点検を怠っていると重大なトラブルに巻き込まれてしまうこともあるので注意をしなければなりません。

 

切れるタイミングとしては、10万キロを目安に考えておきそれよりも早くなる可能性があると考えておけば、早め早めに対処をすることができます。

 

 

 

 

トップヘ

 

 

車の売買Q&A

 

20万キロ以上の自動車

 

車買取と下取りの違い

 

車の買取りとは、ディーラーに自分が所有している車を買い取ってもらうことです。

 

車の下取りとは、ディーラーで新しく車を購入することを条件に、同じ店に現在所有している車を引き取ってもらうことです

 

車買取と下取りの違いは、買取りの場合、買取り金額は違う店で車を購入することも出来ますし、使い道は個人の自由です。下取りの場合、下取り金額は新しく購入する車の値引きに使うことはできますが、これ以外のことに使うことは出来ません。

 

車の査定についても違いがあります。

 

買取り査定に影響するポイントはその時人気の車種・グレードであること、走行距離、整備状態などです。メリットは基本的に下取り査定よりも高い見積もりを出してもらえることです。

 

下取り査定に影響するポイントはディーラーと同じメーカーであること、走行距離、装備状態などで、人気がある車種やグレードであっても、人気装備がついていたとしても、あまり高値がつかないことがあります。メリットは、購入と売却を一気に行う事が出来るので手間がかからないことです。

 

ひと手間かかりますが、まずは買取査定してもらい、好条件ならディーラーへの下取りではなく買取りに切り替えることも出来ます。

 

 

契約後にキャンセルできるの?

 

車買取で愛車を売却契約した後にキャンセルしたいという方もいるでしょう。契約後となると難しいのではと思われるのが一般的ですが、買取業者に実害が生じないタイミングならキャンセルをしてくれる業者もあります。

 

ここでの実害は、移転登録をしているかしていないかです。

 

移転登録をしてなく車を保管しているだけなら実害は生じていないため、キャンセルをすることは可能です。この際にキャンセル料(違約金)は発生しません。

 

例えば、消費者がディーラーから車を買う場合も生産停止により納車が不可能になった場合でも、売買契約不成立となるだけで違約金は発生しません。車買取りとそれと同じで、買い手に実害が生じていないのなら違約金は払う必要はないのです。

 

ただし、車の保管にもコストがかかりますし、直ぐに売却してしまう業者がほとんどです。また、買取業者の手から離れてしまっているケースもあります。そのためキャンセルできる期間も短いので、事前に確認しておくことが大切です。

 

タイミングによってはキャンセルができるとしても違約金が発生することもあります。キャンセル期間の確認も重要ですが、本当に売却していいのか、そこまでよく考えて売るようにしましょう。

 

 

大手買取店VS 中小買取店どっちがいい?

 

愛車を売却するにあたって、大手買取店と中小買取店のどっちに持ち込むべきか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

 

何となく大手の方が安心感がある、アットホームで話しやすい中小の方が良いなどの理由で買取店を選んでしまう方も少なくありませんが、愛車を少しでも高く売りたいのであればしっかりと特徴を把握しておくことが大切です。

 

まず、大手の場合は自社で中古車販売網を持っている買取店も多く、その場合余分な中間コストが発生しないので高値買取を期待することができます。

 

また、オークションに出品する際にも出品数の多い大手は中小より優遇されることが多いので、浮いた経費分を買取価格に上乗せしてくれることもあります。

 

では、車を売るなら全て大手買取店がお得なのかといえば、必ずしもそうであるとは限りません。一般的に買取や販売の量で勝負する傾向にある大手買取店と違い、
中小買取店の場合は車両の品質や特定の分野に特化することで勝負しているところも少なくありません。

 

この為、マニアックな車種や改造車、事故車などの場合は中小買取店の方が高値を付けてくれる可能性があります。

 

つまり、売りたい車種などの条件によってケースバイケースなので、大手買取店と中小買取店のどっちと最初から決めつけるのではなく、まずは一括査定などで幅広く査定を受けてみるのがおすすめです。

 

一括査定サイト@メリットとデメリットは?

車買取を成功させるには一般的には車買取の一括査定サイトを利用するのが良いと言われています。

 

車買取を利用するメリットですが、なんと言っても買取査定がアップする可能性が非常高くなる事です。

 

査定業者も基本的には車の買取をしたいです。そのため良い状態の車だと高値を付けようとします。

 

場合によっては定価近い額が付く場合もあります。それに加えて一括査定サイトを利用しているのは分かるので、自分自身で査定を依頼するよりも高額査定をする可能性が非常に高くなります。

 

そのような訳から今ではほとんどの人が車の買取をする際には、一括査定サイトを利用するようになりつつあります。

 

しかし、車買取の際に一括査定サイトを利用するとデメリットもあります。

 

車の買取を一括査定サイトで行うと、大量の郵便物やメールが届きます。
しつこい業者だとセールスマンが自宅を訪問したり、
携帯電話に何回もセールスの電話をしてくるパターンもあります。

 

そのような対応をする事をストレスに感じてしまう時には、スマートフォンやパソコンで提供されている一括査定サイトを利用するのではなく、
従来通り自分自身で車の買取専門店に行き、車に詳しい査定員に査定してもらうのが良いです。

 

必要な書類一覧とは?

車売却の際にはいくつか必要となる書類があります。これは、普通自動車と軽自動車で異なってきます。

 

普通自動車の場合には、自動車検査証、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、リサイクル券(預託済みの場合)、印鑑登録証明書、実印が必要です。

 

一方で軽自動車は、自動車検査証、自賠責保険証明書、軽自動車保険納税書、リサイクル券(預託済みの場合)、印鑑(認印で良い)です。

 

普通自動車の場合には実印が必要ですが、軽自動車の場合には認印で良いという点が異なります。

 

印鑑以外の他の書類については、車検証ケースの中に全てまとめて入れているという場合が殆どと思われますが、
もし紛失している場合には再発行が必要ですので、期限切れなども含めて早めに確認しておくことが大切です。

 

また、普通自動車の場合には実印を使用することに伴って印鑑登録証明書も必要ですが、これは発行から1カ月以内のものが2通要ることになります。

 

リサイクル券は、自分が車を購入した時に支払っているはずの自動車リサイクル料を、この券と引き換えに返金してもらうものです。

 

こちらも、紛失した場合には自動車リサイクルシステムから再発行が可能です。
他に、結婚で苗字が変わったり、引っ越しで書類の住所と現住所が異なる場合には、それを証明するような戸籍謄本や住民票が必要となります。

 

 

 

 

かんたん車査定ガイド(※完全無料)

 

かんたん車査定ガイド

 

≪特徴≫

 

@超高速の32秒! 他を圧倒する簡単入力
A愛車の買取概算価格がスグわかる
Bパソコンやスマホ初心者に優しい入力設計

 

 

http://a-satei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20万キロ以上の車の買取査定額を高く評価して貰う方法として、最も有名なのは車を洗うことでしょう。洗車をして綺麗な状態で査定をしてもらうと印象アップがアップし、査定額が上がります。その時に、ワックスをかけておく必要もあります。それに、車内を脱臭することもすごく大事です。ペットやタバコの臭いによりマイナス査定となるので、脱臭は必ずしましょう。車を手放す時の方法としては、ディーラー下取りというやり方があります。でも残念ながらディーラーの下取りは、中古の車を買い取る業者にお願いするよりも安価になってしまう場合がよくあります。また、オークションで売ってみるというやり方もありますが、手数料など、損する可能性も低くないというデメリットもあるのです。車査定アプリと称するものをおききになられたことはありますか?車を査定してくれるアプリとは、スマートフォンで簡単に愛車の査定額がわかるアプリのことを指します。車査定アプリであれば、個人情報を相手に教える必要はありないのですし、いつでもお好きなときにご自身で車が幾らかわかるということで、数多くの方が利用しています。壊れてしまって動かなくなった車を廃車にしようと思うと、費用が数万円かかってしまいますから、故障して動かなくなった車を買い取ってくれる専門の業者を探して買取をお願いするのがいいですよ。ネットで探してみると、不動車の買取に特化している業者が存在します。自力で廃車手つづきをするよりも買取をしてもらう場合のほうがむ知ろ手間いらずでいいかもしれないのです。車の売り買いを自分で行なうと、売り買いの手つづきを、自ら行なわなければならないので、相当の手間がかかってしまいます。でも、車の調査判定であれば、業者にまるごと委ねてしまえるので、スムーズに自動車売却が出来るはずです。ただ、違法な商売を行なう自動車の買取業者も、ケースも見られるので、世間が感じて口にしていることをよく調べるのが得策です。オークションで車を買おうという人は、安い価格で車を欲しいと思っている方かマニアです。中でも、安く車を手に入れたいとねがっている人が大半なので、ポピュラーな車だと高い値段で売ることはできないのです。しかし、珍しい車で希少価値が高いものだとマニアの人に喜んで貰えるため、入札件数がアップして、高い金額で売ることができます。中古車購入時に気になってしまうのは、年式はもちろんですが、走行距離になりますよね。通常、中古車の走行距離というのは、年間で1万km程度と考えられています。ですので、10年間の使用で10万kmくらいが一般的なの中古車の走行距離になるということです。20万キロ以上の車の査定を行ってもらう場合、お店に出向いたり、自宅に足を運んでもらうのが一般的です。更に、メールで車査定を行っているところなんかもあります。この場合は、買取業者と直接のやりとりを行なわなければならないため、けっこう面倒なのです。そんな中には、何度も営業をかけてくる業者もいるので、もう勘弁して欲しいと感じることもあるでしょう。動かなくなった車はどの買取業者であっても売れるとは限りないのです。買取りを断る中古車買取業者もあるので、注意して頂戴。逆を返せば、走行不能者や事故車、水没車などの車を、積極的に買取してくれる買取専門業者もあるのです。専門業者が買えば、価値のないように見える車でも高い値で売ってしまえる場合もあるのです。車の査定をするときには純正部品以外のパーツを付けている車は一般的に評価が下がってしまうので純正パーツを元しておいて頂戴。ただし、正しいパーツに戻すのに工事費がかかるときは、上乗せ額よりも工事費のほうが高くなる確率が高いため触らずに今のまま査定に出したほうがいいですよ車の査定をしたいけど、個人情報を教えるのは嫌だという人も少なくありないのです。でも、名前を伏せたままで車の査定をするのは出来ないのです。20万キロ以上の買取のメール査定ならば可能な気がしますが、残念ながら申請に最低限必要な個人情報を要求されるので、名前を伏せたままでということはできないのです。車を査定してもらう際には、個人情報を相手に伝えることが義務なのです。ネットでリサーチしてみると、下取りの相場がわかるホームページを見つけられます。そのホームページを使用すれば、簡単に愛車の相場を確認することができます。自動車メーカーの公式ホームページによっても、相場を確認できます。車買取の一括無料査定を活用することで、相場を認識するというやり方もあります。ただ、あくまで相場なので、少しは金額は前後します。20万キロ以上の車を少しでも、高く買い取ってもらうには、いくつかの車買取業者に査定してもらうことです。面倒なのは嫌だからと言って、たった一つの業者にのみ査定を行ってもらい、買取してもらうと自分の車の買取価格が適当だったのかどうなのかということが全くわかりないのです。少しだけ時間と手間をかけることで、買取価格にかなりの差が出てくることもあります。中古車査定ホームページを使おうとする時には、提携業者を見極めましょう。さまざまな一括査定ホームページの中には、自分の住む地域に対応していないようなマイナー業者がばかり扱っている場合もありますし、売ろうとしている車種の買取を苦手としている業者もいます。どういった業者が関わっているのかを確認して、自分に合うホームページなのかジャッジして頂戴。20万キロ以上の車の査定は問題も起こりやすいので、注意を払う必要があります。オンライン査定と実車査定の金額がかなりちがうというケースもよくあります。このような問題の発生は良く起きることですので、納得いかなければ買取を断るようにしましょう。売買の契約を結んでしまうと取消しが不可能なので、よく考慮に入れて頂戴。

 

 

 

 

 

 

 

【関連サイト】

 

 

車買取 和歌山県